防音工事
厚木基地対策住宅防音工事のことなら、なんでもお任せください。
横浜防衛施設局が、厚木基地飛行場周辺の住宅の所有者又は居住者の皆様方に対し、航空機騒音による障害を防止し、又は軽減するため、補助金を交付して、その住宅に防音工事を行うことです。
補助金の交付が受けられる住宅って?
防衛施設庁長官が指定する第一種区域に所在する住宅で、居住のために使われている住宅が対象です。
また、対象区域内に所在する 
昭和61年9月10日までに建設(上棟)された住宅が対象です。(平成15年8月現在)
第一種区域ってどこ?
75W以上の地域です。
※ Wとは、WECPNL(加重等価継続感覚騒音レベル)の略で、音響の強度(デシベル)、ひん度、継続時間等の諸要素を加味した、航空機騒音を総合的に評価する単位です。
防音工事の種類って?
1.新規防音工事
  1度目の防音工事です。
  世帯人数にかかわらず2居室まで防音工事が実施できます。

2.追加防音工事
  2度目の防音工事です。
  下記表から新規防音工事を実施した居室数を除いた居室数以内の
  工事を実施できます。


3.特定防音工事
  従前の第一種区域の告示日以降、昭和61年9月10日までに
  建築された住宅の防音工事です。従前の住宅を含め国の補助金
  で防音工事をしていないものに限ります。

4.建替防音工事
  防音工事が完了してから10年以上経過し、その後建て替えら
  れた又は建て替えの予定のあり、建て替えの前後で住宅の代替
  性、継続性のある住宅の防音工事です。
  
補助金の交付が受けられる住宅って?
防音工事概要